吉元 セツコ

吉元 セツコ

恋と軍艦(漫画)の登場人物。読みは「よしもと せつこ」。

登場作品
恋と軍艦(漫画)
正式名称
吉元 セツコ
ふりがな
よしもと せつこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

主人公遠藤香菜の祖母で、両親が仲違いしているため香菜の面倒を見ている。ド田舎のおばあちゃんの典型で、昔ながらの浴衣を香菜に勧め、手作りの漬け物をゲートボールの仲間内に配っていたりする。難しい年頃の香菜を扱いかねて手を拱いていることもしばしばだが、どんなときでもマイペースで、香菜のことを信じているいいおばあちゃん。

ときおり手拭いを姉さん被りしていて、パーマをかけた頭髪に、細い目、アゴのない首と、小柄な体型の持ち主。

関連人物・キャラクター

遠藤 香菜

両親の不仲から、田舎の小舟町に住む祖母吉本セツコに引き取られた中学1年生の女の子。小舟町町長、港航一に運動会でメダルを貰ったときから彼に恋していた。「東京者」といわれて孤立していた香菜だったが、少し変... 関連ページ:遠藤 香菜

登場作品

恋と軍艦

小舟町はかつて戦艦部品の製造で栄えた町。現在は日本の何処にでもある寂れ行く田舎町だ。そこに転校して来た主人公の少女遠藤香菜は、28歳年上の町長に恋をした。妄想しがちな乙女の新感覚ラブストーリー。 関連ページ:恋と軍艦

SHARE
EC
Amazon
logo