吉川 響子

図書館の主(漫画)の登場人物。読みは「よしかわ きょうこ」。

  • 吉川 響子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
図書館の主(漫画)
正式名称
吉川 響子
ふりがな
よしかわ きょうこ

総合スレッド

吉川 響子(図書館の主)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

タチアオイ児童図書館の利用者の若い母親。怜央という名の幼い息子をいつも連れており、彼に少しでも接触しようとするものに対し、過剰な警告を与えて怒っていた。姑や夫の無神経な言動から、神経が疲弊した結果だったが、御子柴が勧めた本によって心の平穏を取り戻す。このエピソードの後に夫のケント(日本人、漢字は不明)が、タイでの長期出張を終えて帰ってきている。

登場作品

中小企業の課長で、すさんだ生活をしていた30代の男、宮本は、忘年会の帰りに、まだ照明が明るく点った私立のタチアオイ児童図書館に入り込んでしまう。そこで出会った口の悪い男、御子柴貴生と話をし、本の整理を...