吉野 アキラ

吉野 アキラ

ウシハル(漫画)の登場人物。読みは「よしの あきら」。

登場作品
ウシハル(漫画)
正式名称
吉野 アキラ
ふりがな
よしの あきら
関連商品
Amazon 楽天

概要

巫女の少女。森山清晴に突然話しかけて近づいてきた。普段は長い髪の毛を一つに結んで前に垂らしている。実家は神社。気が強く、男子中学生たちのいたずらにいつも腹を立てている。古文書に書かれていた、ある一定の人物には人間に見える「牛女」の話を追いかけており、男を色気で惑わす悪い妖怪だと信じている。牛女の核心を知っている清晴を利用して真実にたどり着こうとし、ウシハルを発見。

彼女を退治しようとするが、ウシハルの優しさに触れて手を引く。その後は牛女の謎を探るため、清晴と協力して調査を開始。月食の日に境内の月に照らされた草を食べた動物が女性になることを突き止める。最初は清晴のことを嫌っていたが、一生懸命でウシハルを愛している彼のことが気になり、片思いするようになった。

登場作品

ウシハル

かわいがっていた仔牛が美女にしか見えなくなってしまった中学生の少年の性と悩みを描いたジュブナイル作品。巻末には著者のエッセイマンガが掲載されており、5巻の最後には短編『永命バニー』のネームが掲載されて... 関連ページ:ウシハル

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
森山 清晴
ウシハル
スズキ
向井 次郎
田淵 久
清晴の父
吉春
logo