吉野 太郎

太郎(漫画)の主人公。読みは「よしの たろう」。

  • 吉野 太郎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
太郎(漫画)
正式名称
吉野 太郎
ふりがな
よしの たろう

総合スレッド

吉野 太郎(太郎)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

高卒でつくし信用金庫杉名町支店に勤務しながら、クマタジムに所属するバンタム級のプロボクサーとして世界を目指す青年。中学生の頃天才ボクサー花形 青児の押しかけ弟子になり、花形のスタイルをコピーしている上、非常に優秀な動体視力を持っている。花形の事故死に責任を感じ、クマタジムの会長に直訴して、ボクサーへの道を歩むことにする。

商社マンである父親の行動に疑問を感じ、それに反発したせいでもある。バブル崩壊後の厳しい信用金庫の仕事と、次から次へとライバルが現れるボクシングの試合との板挟みに苦しむ。森崎みほや若林あゆとの複雑な恋愛関係にも悩む。

しかし、優秀な観察力と判断力と常に前に向かう姿勢で問題をクリアし、様々な弱点を克服しながら、世界一へ向かって突き進んでいく。

関連キーワード

『太郎』の物語の舞台の一つ。主人公吉野太郎が勤務する金融機関。通称「つく信」。太郎はここの検査部に勤めるおじ、椎名清志のつてで就職を決めた。バブル崩壊後の金融業界で、大手都市銀行などに軽んじられて苦闘...

登場作品

高卒でつくし信用金庫に勤務している青年吉野太郎は、クマタジムに所属するプロボクサーでもあった。彼は、不世出の天才ボクサー花形青児の押しかけ弟子であったが、自分の不注意のせいで花形を交通事故で死なせてし...