名都借 みらい

普通の女子校生が 【ろこどる】やってみた。(漫画)の登場人物。読みは「なづかり みらい」。

  • 名都借 みらい
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
普通の女子校生が 【ろこどる】やってみた。(漫画)
正式名称
名都借 みらい
ふりがな
なづかり みらい

総合スレッド

名都借 みらい(普通の女子校生が 【ろこどる】やってみた。)の総合スレッド
2016.08.04 14:45

概要

髪は外ハネのショートボブで、一部を肩まで伸ばして左右で縛っている、ジト目が特徴の女の子。流川第三女子高校に通う女子校生。宇佐美奈々子とクラス違いの同級生で野田硝子と同じ中学だった。演劇部所属。成績優秀で学年トップ、歌もうまいが人見知りが激しい。脚本や演出に興味があり、演劇部では裏方。

身長が146㎝以下という困難な条件を満たしていたこともあり、演劇部の先輩でもある三ヶ月ゆいから魚心くんの中に入ることを持ちかけられた。演技者からの視線の勉強になる、と応じて魚心くんに入る。当初はゆいほどの体力がなく、奈々子には魚心くんの中の人がどちらか見分けがついていたが、次第にゆいと同等の体力を身につける。

人見知りはなかなか改まらず、しばらくは奈々子から声をかけられても、ゆいの後ろに隠れていた。

登場作品

自分では取り柄がないと思っていた宇佐美奈々子は、叔父の手伝いに呼ばれて流川市のロコドル(ローカルアイドル)としてデビュー。パートナーで学校の先輩でもある小日向縁とともに、流川ガールズとして活動を続ける...