吐 鉤群

無限の住人(漫画)の登場人物。読みは「はばき かぎむら」。

  • 吐 鉤群
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
無限の住人(漫画)
正式名称
吐 鉤群
ふりがな
はばき かぎむら

総合スレッド

吐 鉤群(無限の住人)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

幕府の新番頭。天津影久に対し、逸刀流を幕府のお抱え流派とする話を持ち帰るが、裏では配下の無骸流を使って逸刀流剣士を次々と抹殺させていた。吐鉤群自身も招待された酒宴で逸刀流の幹部をことごとく斬殺し、逸刀流に壊滅的打撃を与えた。また、万次の不死の力にも興味を持ち、万次を江戸城地下の牢屋に監禁。

医師・綾目歩蘭人らにその解明を命じた。

登場人物・キャラクター

隻眼で背中に卍模様の入った着流しを着る。かつては旗本・堀井重信に使える同心だったが、堀井の不正を知り彼を斬殺、さらに追っ手九十九人をも返り討ちにしたことから「百人斬り」の名で呼ばれるようになった。お尋...

関連キーワード

『無限の住人』に登場する組織。無骸流が解散した後に、吐鉤群によって新たに作られた私兵集団。逸刀流の残党狩りを目的としており、無骸流同様、多くが罪人によって構成されている。素性を隠すために黒装束に般若の...

登場作品

江戸時代中期、すべての流派の統一を掲げる剣客集団・逸刀流に、両親を殺された少女・浅野凜は、不死の肉体を持つ剣士・万次を用心棒として雇い、仇敵である逸刀流統主・天津影久を追うこととなった。時を同じくして...