呂 奉先

呂 奉先

修羅の門 第弐門(漫画)の登場人物。読みは「るぅ・ふぉん・しぇん」。

登場作品
修羅の門 第弐門(漫画)
正式名称
呂 奉先
ふりがな
るぅ・ふぉん・しぇん
関連商品
Amazon 楽天

概要

呂家の拳法家。身長212センチ、体重132キロの巨漢。その実力から『三国志』に登場する武将、呂布の名を異名として名乗っている。体格が優れているのみならず、発勁の技を使い強烈な攻撃力を持つ。皇帝、ミカエル・ビーゴルストを倒し、陸奥九十九と対戦する。

登場作品

修羅の門 第弐門

陸奥九十九がケンシン・マエダと戦うために、コロンビアへと旅立ってから3年。行方不明になっていた九十九が、日本の総合格闘技大会、兵の会場に現れた。再び圓明流の技をふるって数々の格闘家に勝利していくが、そ... 関連ページ:修羅の門 第弐門

SHARE
EC
Amazon
logo