呉 九郎

一球さん(漫画)の登場人物。読みは「くれ くろう」。真田一球とは親族関係にある。

  • 呉 九郎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
一球さん(漫画)
正式名称
呉 九郎
ふりがな
くれ くろう

総合スレッド

呉 九郎(一球さん)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

巨人学園高校野球部捕手、外野手。幼き日から真田一球と共に富士の山で暮らしてきた野生児。一球を追って東京にやって来る。一球と共に橋の下の小屋で生活する。野球を全く知らず、小学生の野球少年ヤスタケに野球を教わる。拳骨でボールを打ったり、素手でボールを受けるなど、人間の域を遥かに超えた身体能力を持つ。

守備練習のノックも拳骨で行う。逆に、普通の行為であるバットでボールを打ったりグラブでボールを捕ることなどはできない。真田一球を除く一軍全員が退部した後に出場した夏の甲子園大会1回戦南波高校戦では捕手として試合に出場する。

登場人物・キャラクター

巨人学園高校野球部右翼手、三塁手、投手、ほか。右投げ右打ち。真田幸村に仕えた忍者・真田鉄心の19代目の子孫、真田鉄心の息子。呉九郎と共に富士で育った野生児。6年前、真田鉄心と死に別れるが、下界と別れ富...

関連キーワード

『一球さん』の舞台・組織。前作『男どアホウ甲子園』の主人公、藤村甲子園と、巨人学園高校岩風五郎監督の母校。夏の甲子園大会初日第1試合で巨人学園高校と対戦する。99%優勝確実候補校。バッテリーは藤村甲子...

登場作品

忍者の子孫で野球を知らない野生児・真田一球が野球強豪巨人学園に突如現れる。純粋で真っすぐな性格と、いかなる場面にも動揺しない精神力と集中力、打撃・守備・走塁の全てにおいて野球の常識を遥かに凌ぐ超人的身...