呉羽 真奈

(漫画)の登場人物。読みは「くれは まな」。

  • 呉羽 真奈
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
(漫画)
正式名称
呉羽 真奈
ふりがな
くれは まな

総合スレッド

呉羽 真奈(昴)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

宮本すばるの小学校時代、同級生だった日本人女性。母親の呉羽真子が呉羽真子バレエスタジオというバレエの教室を開いており、幼い頃からバレエを続けている。すばるがバレエを始める以前から、その本当の実力を知っている者として、ライバル心や劣等感、嫉妬を抱いている。その一方で、すばる本人からは優しい友達だと思われてもいるすばるの理解者。

すばるにクラシック・バレエの振り付けを最初に教えた人物でもある。

登場人物・キャラクター

5月1日生まれの日本人女性。物語開始時は小学3年生で、作中では16歳まで成長する。「天才の名をほしいままにする、最強のバレエダンサー」。小学校の友達である呉羽真奈の影響でクラシック・バレエと出会ったの...

登場作品

病床に伏す双子の弟の前で、日々の出来事を踊り続ける小学3年生の少女、宮本すばる。過酷な日々と大きな哀しみがダンサーとしての才能を育み、やがてバレエへの道に進ませる。元バレリーナであるキャバレー店の社長...