呉 迦楼羅

ケンガンアシュラ(漫画)の登場人物。読みは「くれ かるら」。別称、カルラ。

  • 呉 迦楼羅
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ケンガンアシュラ(漫画)
正式名称
呉 迦楼羅
ふりがな
くれ かるら
別称
カルラ

総合スレッド

呉 迦楼羅(ケンガンアシュラ)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

呉一族宗家の少女。長である呉恵利央(くれえりおう)の曾孫で、セーラー服を制服として着るような年齢。同じ呉一族の一員からは「正真正銘の化け物」「一族の中でも異端の存在」と、次元の違う強さを持つと評されている。願流島で見た十鬼蛇王馬の強さに一目惚れし、子を産もうとして王馬に求婚。

曽祖父の恵利央には「曾孫馬鹿」というほど溺愛されているため、王馬は可愛い曾孫についた悪い虫として呉一族に目を付けられることになる。また、闘技者の1人である茂吉・ロビンソンに同行しているその妹、エレナ・ロビンソンとは世代が近いようで、願流島で出会ってから仲良くなっている。

登場人物・キャラクター

謎の日本人格闘家。身長182cm、体重85kg、推定20代後半ほどの男性。特技は、猪を自分で殺して食うなどの自給自足。赤子の頃に捨て落とされた孤児であり、少年時代に出会った十鬼蛇二虎から二虎流の技を受...

関連キーワード

『ケンガンアシュラ』に登場する組織。特定の勢力に属しない傭兵集団であり、金と条件次第では昨日までの雇用主も殺す、仁義の通用しない相手だとされている。一族の者は、眼球の白目と黒目の明暗が逆転しているのが...

登場作品

サラリーマン・山下一夫は、ある夜の街中でストリートファイトを目撃する。それは謎の格闘家、十鬼蛇王馬との出会いであり、企業同士が巨額の利益を賭けて格闘家たちを闘わせる「拳願仕合」の舞台に足を踏み入れる予...