周 小龍

周 小龍

愛がゆく(漫画)の登場人物。読みは「ちょう しゃおろん」。

登場作品
愛がゆく(漫画)
正式名称
周 小龍
ふりがな
ちょう しゃおろん
関連商品
Amazon 楽天

概要

戦争で地獄に落ちた未来を変革するため、過去である現代にやって来た指導者。未来から現代に来る転送コースで船体が飛行機と衝突してしまい肉体が消滅してしまうが、飛行機の乗客で唯一生き残った赤ん坊の肉体に魂を収めた。奇跡の生存者であることや、赤ちゃんながら自らを「人類の救世主で神の子」であると宣言したことで世界中に注目される。

優秀な人間だけの世界を作ろうとしている点では、追手たちと同じ思考をしている。

関連人物・キャラクター

スーザン

北条愛に恋した未来人。未来を変革するため現代にやってきた、周小龍の同志。追手に襲われ気を失っていた愛をかくまう。初めは自分たちの敵である未来人と戦うため愛の能力を頼ろうとしていたが、愛との時間を過ごす... 関連ページ:スーザン

新生人間

『愛がゆく』に登場する生態系。未来の世界に存在した生物。より優秀な人間を作ろうした人類が、人工母胎を使い、遺伝子に人為的操作を加えてつくりだした最強の生物。人間が到底及ぶことの出来ない能力を持ち、しま... 関連ページ:新生人間

登場作品

愛がゆく

天涯孤独の身である北条松五郎は、街を歩けば子供が泣き出してしまうほど、恐ろしい人相をした大男。おまけにとんでもない数の前科もちであったため、働き場所が見つかるワケもなく、ただフラフラと生活を送っていた... 関連ページ:愛がゆく

SHARE
EC
Amazon
logo