呪いのデーボ

呪いのデーボ

ジョジョの奇妙な冒険 Part 3 スターダストクルセイダース(漫画)の登場人物。読みは「のろいのでーぼ」。ジャン=ピエール・ポルナレフとはライバル関係。

概要

ジョースター一行に送られたスタンド使いの刺客のひとり。もともと「アメリカインディアンの呪術師」という触れ込みで殺し屋を生業としており、雇い主には政財界の大物もいると言われる。使用するスタンドは「エボニーデビル(悪魔)」。スタンドを人形に憑依させ、遠隔操作で標的を殺害する。

そのパワーの源である「恨みの念」を高めるために、意図的に相手に攻撃させて自らの体に傷を刻む。そのため、全身に無数の傷跡が残されている。シンガポールのホテルの一室において、休息のためにひとりとなったジャン=ピエール・ポルナレフを襲撃し窮地に追い詰めるが、鏡を利用されてシルバーチャリオッツに人形を切り刻まれ敗北。

ホテルのトイレで死体となって発見された。

関連人物・キャラクター

ジャン=ピエール・ポルナレフ

空条承太郎たちと行動を共にする仲間。22歳のフランス人で、生まれついてのスタンド使い。香港でDIOの刺客として立ち塞がるが、肉の芽で操られながらも失わない騎士道精神をモハメド・アヴドゥルに見抜かれ、洗... 関連ページ:ジャン=ピエール・ポルナレフ

登場作品

ジョジョの奇妙な冒険 Part 3 スターダストクルセイダース

1987年、日本。ジョセフ・ジョースターの孫である空条承太郎は、ある日突然、悪霊が自身に取り憑いたかのような体験をする。その原因は、かつてジョナサン・ジョースターを殺害した吸血鬼・DIOが、ジョナサン... 関連ページ:ジョジョの奇妙な冒険 Part 3 スターダストクルセイダース

SHARE
EC
Amazon
logo