呪文のかけら

エルフを狩るモノたち(漫画)に登場する用語。読みは「じゅもんのかけら」。

  • 呪文のかけら
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
エルフを狩るモノたち(漫画)
正式名称
呪文のかけら
ふりがな
じゅもんのかけら

総合スレッド

呪文のかけら(エルフを狩るモノたち)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

セルシアが使う、異なる世界を行き来する呪文が、儀式の失敗により5つに分かれてしまったために生まれた。龍造寺淳平井上律子小宮山愛理が日本に戻るためには5つの呪文のかけらをすべて集め、再度儀式を行わなければならない。分裂した際、異世界中に散らばり、しかもセルシアと波長のあう女エルフの肌に貼り付いてしまっている。

誰に貼り付いているかを確認するには目視するしかなく、このため淳平たちはエルフの女性を脱がす旅に出ることになった。なお、呪文のかけらは肌から肌へと移すことが可能だが、動物などに変身しているときに貼り付くと、呪文のかけらが障壁となって変身の解除ができなくなってしまう。

登場作品

セルシアの召喚魔法により、現代日本から異世界へ召喚された格闘自慢の龍造寺淳平、自衛隊マニアの女子高生・井上律子、女優の小宮山愛理。その後、元の世界へ帰すための儀式がセルシアによって執り行われるが、なん...