和泉 朱夏

バシリスの娘(漫画)の主人公。読みは「いずみ しゅか」。もみじ、和泉日輪とは親族関係にある。

  • 和泉 朱夏
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
バシリスの娘(漫画)
正式名称
和泉 朱夏
ふりがな
いずみ しゅか

総合スレッド

和泉 朱夏(バシリスの娘)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

22歳。もみじの曾孫。祖母の和泉日輪と2人暮らし。借金取りに追われて逃げている最中志方恒に出会った。彼の彫刻モデルを務めたことをきっかけに愛人になる。彫刻の才能があり、近年の志方恒の作品は彼女が作っている。翠川流都は彼女にバシリスの彫刻を依頼し、彫刻家として育てようと支援する。

登場人物・キャラクター

翠川子爵邸の馬番の娘。活発な性格で、影のある翠川淡に惹かれている。雇い主である翠川竜介に強引に愛人にさせられそうになり、翠川淡と駆け落ちしようとする。
もみじと翠川淡の娘で和泉朱夏の祖母。もみじが世話になっていた彫刻家に手を出され、娘を産んだ。喫煙家で気の強い老婆。
『バシリスの娘』に登場する馬。バシリスの子孫で、足は速いが気が荒く、調教師も手を焼いている。和泉朱夏だけがこの馬に乗ることができる。

登場作品

翠川子爵邸の馬番の娘・もみじは、駿馬バシリスを唯一乗りこなせる人物だった。子爵家の翠川淡と再会したもみじはたちまち恋に落ちる。翠川竜介に愛人になることを強要されたもみじは、翠川淡と駆け落ちの約束をする...