哪吒

哪吒

西遊妖猿伝(漫画)の作品登場人物。読みは「なた」。別称、哪吒三太子。

登場作品
西遊妖猿伝(漫画)
正式名称
哪吒
ふりがな
なた
別称
哪吒三太子
関連商品
Amazon 楽天

概要

『西遊妖猿伝』の登場人物で、『西遊記』や『封神演義』に登場する同名キャラクターを元に独自解釈で発展させた存在。中国唐代の首都・長安の宮殿地下に広がる迷宮にも似た「森羅殿」で人目につかず暮らしていた少年。母親は唐の初代皇帝・李淵の愛人である地湧(ちよう)夫人。好色で知られる母親だったため父親が誰かは不明だが、皇帝の第三太子ということになっており、上位にいる二太子を殺して皇帝となる野望を持っている。

森羅殿には数々の奇怪な生物の姿をした石像があり、それらは哪吒の求めに応じ魔物に変じる。乳母代わりとなって哪吒を育てたのも、その魔物の一体の陰道女(いんどうじょ)である。宮殿地下に迷い込んだ孫悟空を位を狙う者と誤解した哪吒は、御供に対しても魔物をけしかけていた。

登場作品

西遊妖猿伝

猿に攫われた母親から生まれたとされる孫悟空は、巨大な猿の化け物にして神にも近い存在とされる無支奇と出会い、波乱に満ちた数奇な運命へと導かれることになる。紅孩児や竜児女といった国家に反逆するものと出会い... 関連ページ:西遊妖猿伝

SHARE
EC
Amazon
logo