唐房 慎太郎

唐房 慎太郎

華と修羅(漫画)の登場人物。読みは「からふさ しんたろう」。別称、慎太郎。

登場作品
華と修羅(漫画)
正式名称
唐房 慎太郎
ふりがな
からふさ しんたろう
別称
慎太郎
関連商品
Amazon 楽天

概要

初登場時20歳の青年。名門華族・唐房家の三男。誠実で優しく、唐房家の使用人達からの信頼は厚い。妾腹であることから、父や長兄、次兄美彦に対して一歩引いたところがあったが、ある出来事から唐房家の家督を継ぐことを目指す。新興華族・貴島家の令嬢百合子と出会いお互い惹かれ合うが、彼女は新や美彦からも将来の伴侶として狙われ、何度もその仲を引き裂かれそうになる。

国の将来を考え、華族制度自体に疑問を持つが、その理想のため様々な摩擦も引き起こす。

登場作品

華と修羅

時は大正時代。政界・財界を牛耳る華族の中でも、名門と謳われた唐房家。その三男慎太郎は優しく誠実な青年。しかし妾腹であることから、父毅や長兄新、次兄美彦に対して一歩引いたところがあった。ある日、当主・毅... 関連ページ:華と修羅

SHARE
EC
Amazon
logo