唐澤 早苗

唐澤 早苗

おはよう、いばら姫(漫画)の登場人物。読みは「からさわ さなえ」。

登場作品
おはよう、いばら姫(漫画)
正式名称
唐澤 早苗
ふりがな
からさわ さなえ
関連商品
Amazon 楽天

概要

唐澤志津の母。娘の志津が多重人格であると思い、これの治療を受けさせるが、改善されなかったこともあり、離れに住まわせて彼女を保護していた。娘とどう接していいかわからないため、何年も直接会話をしたことはない。三郷哲が志津を外に連れ出し、問題が起こった際には、志津がのことを気にかけるというそれまでになかった反応を見せたため、これからも屋敷で働き、志津の相手をして欲しいと頼んだ。

これを拒否したに対し、の母の治療に十分な金額を支払うことと引き換えに、志津専任の家政夫となることを引き受けさせた。の父は、高校時代の先輩に当たり、の母とも友人だった。

登場作品

おはよう、いばら姫

三郷哲は母親の入院費を少しでも多く稼ぎ、良い治療を受けさせたいと考えていたため、高校を卒業したら働きたいと父に伝える。哲の父は、これに反対し、どうしても就職したければ、アルバイトをして社会人になる準備... 関連ページ:おはよう、いばら姫

SHARE
EC
Amazon
logo