唐瓜

唐瓜

鬼灯の冷徹(漫画)の登場人物。読みは「からうり」。

登場作品
鬼灯の冷徹(漫画)
正式名称
唐瓜
ふりがな
からうり
関連商品
Amazon 楽天

概要

地獄に新卒採用された小鬼。眠そうな釣り目に二本角、黒いざんばらの髪型が特徴。背丈は茄子と同じく人間の小学生程度。初期は雑用で駆け回り、お香と出会ってからは衆合地獄への転属を希望するようになる。そこで鬼灯に依頼して衆合地獄への見学に連れて行ってもらった際、ドMであることが発覚。

以降もたびたびネタにされている。基本的に性格は至って真面目で、女性、特にお香には丁寧に接する。座敷童子の一子、二子とは外見年齢的に近いせいか、よく一緒にいるところを描かれることが多くなっている。精神的に非常にタフで、畏怖する鬼灯に対して強烈なツッコミを入れることが多い。現在は雑用から三年ほどが経ち、拷問係になるか十王庁の裁判補佐をするかの審査期間に入っており、茄子からは「庁内勤務の方が向いている」と評されている。

関連人物・キャラクター

お香

衆合地獄の主任補佐に就く女性獄卒。ウェーブがかかったロングの白髪、二本角で、身長が高い。鬼灯とは黄泉の教え処からの付き合い。妖艶な化粧とは裏腹に人当たりが良く優しい性格で、女性にも好かれる性質である。... 関連ページ:お香

登場作品

鬼灯の冷徹

日本地獄を会社運営に見立て、閻魔大王第一補佐官を務める鬼灯が、勤務中に上役や部下である獄卒、世界各国の地獄の悪魔や神話の登場人物たちと交流する日常を描く、江口夏実の代表作。 関連ページ:鬼灯の冷徹

SHARE
EC
Amazon
logo