啓蒙思想

啓蒙思想

女帝エカテリーナ(漫画)に登場する思想。読みは「けいもうしそう」。

登場作品
女帝エカテリーナ(漫画)
正式名称
啓蒙思想
ふりがな
けいもうしそう
関連商品
Amazon 楽天

概要

エカテリーナ=アレクセーエヴナが、ロシア帝国皇太子ピョートル・ウルリックの妃となった時代に、全ヨーロッパ思想界を支配していた思想。エカテリーナは、フランス啓蒙時代の第1期を築いたヴォルテールと書簡を交わすなど熱心に勉強をしていたが、帝位に就いた後に絶対君主制度と相反する政治思想を持つ啓蒙思想を否定し、思想弾圧を実行する。

登場作品

女帝エカテリーナ

北ドイツの地方貴族の娘ゾフィー・フォン・アンハルト=ツェルプストは、己が支配する側の道を進むべき人間だという自負があった。凡庸な容姿を補うために、10歳から教養と知性を身につけるべく努力を重ねたゾフィ... 関連ページ:女帝エカテリーナ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
女帝エカテリーナ
logo