器官破壊装置

器官破壊装置

賭博黙示録カイジ(漫画)に登場する器具で、無一文で大金を賭けられない場合に目もしくは耳を賭ける際に使用される。読みは「きかんはかいそうち」。

登場作品
賭博黙示録カイジ(漫画)
正式名称
器官破壊装置
ふりがな
きかんはかいそうち
関連商品
Amazon 楽天

概要

正式名称不明。眼球用と鼓膜用があり、リモコン操作で針が進むという装置を目や耳に取り付けて1 ミリ単位で賭け、30ミリ分負けると針が眼球や鼓膜に到達する。Eカードの勝負の際カイジが耳に装着した。実は利根川から一緒に渡された腕時計とこの装置によってカイジの脈拍、体温、発汗の情報が利根川の腕時計に送られ、これにより相手の心境などを察して利根川に有利にゲームを進めていた。

登場作品

賭博黙示録カイジ

1996年2月、自堕落な生活を送っていた主人公の伊藤開司(通称・カイジ)は、友人の保証人になっていたことから多額の借金を背負うことになる。返済のため、遠藤勇次にいわれるままギャンブル船エスポワールに乗... 関連ページ:賭博黙示録カイジ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
賭博黙示録カイジ
logo