四の姫

四の姫

とりかえ・ばや(漫画)の登場人物。読みは「しのひめ」。藤原角光、藤原涼子とは親族関係にある。

登場作品
とりかえ・ばや(漫画)
正式名称
四の姫
ふりがな
しのひめ
関連商品
Amazon 楽天

概要

右大臣藤原角光四の姫で、藤原涼子こと沙羅双樹の君の妻。生まれた時からの妃になるべく、美しく完璧な女性になるように育てられていたが、先に入内した2人の姉が子宝に恵まれなかったことから、入内の話が流れてしまっていた。生まれながらにある額のアザを取ろうと怪しい薬に手を出した結果、大きな傷を負ったことをとても気にしている。

関連人物・キャラクター

藤原角光

藤原丸光の兄であり、藤原涼子と藤原月光の伯父にあたる。4人の娘がおり、一の姫は朱雀院に、二の姫は帝の女御に入内させているが、どちらも男御子に恵まれないため、自身の出世に響くのではと焦っている。沙羅双樹... 関連ページ:藤原角光

藤原涼子

活発で運動神経が良く、幼い頃から使用人の男の子と元気に外で遊び回ってた女の子。成人前にも関わらず、当時帝であった朱雀院より、清涼殿・殿上の間への出入りを許された五位の位を授かり、14歳で男として元服す... 関連ページ:藤原涼子

登場作品

とりかえ・ばや

平安時代の超上流貴族・藤原丸光には、二人の妻が同日に産み落とした、双子のようにそっくりで美しい男女二人の子供がいた。しかし、藤原涼子と名付けられ沙羅双樹の姫君という愛称で呼ばれる姉は、文武に秀でた愛ら... 関連ページ:とりかえ・ばや

SHARE
EC
Amazon
logo