四不象

封神演義(漫画)の登場人物。読みは「すーぷーしゃん」。別称、スープー。

  • 四不象
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
封神演義(漫画)
正式名称
四不象
ふりがな
すーぷーしゃん
別称
スープー

総合スレッド

四不象(封神演義)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

仙人の乗り物である霊獣の一種「スープー族」の子供で、カバのような外見をしており、「~ッス」という語尾が特徴。太公望封神計画遂行のために人間界に下る際に供としてつけられた、太公望の相棒にしてツッコミ役。物語中盤で大人になり、変身して宝貝による敵の攻撃を食べてしまう能力が使えるようになる。

登場人物・キャラクター

崑崙山脈出身の道士で、元始天尊の直弟子。元々は中国の遊牧民族・羌族の頭領の子息であったが、妲己による人狩りで一族を滅ぼされ、天涯孤独となったところを元始天尊にスカウトされた。封神計画の遂行者に任じられ...

登場作品

舞台は殷王朝時代の古代中国。仙女・妲己により心を惑わされ、悪政を続ける紂王により国は乱れていた。道士・太公望は、元始天尊により人間界に害をなす仙人たちを人間界から駆逐する計画・封神計画を遂行し、殷に替...