四乃森 蒼紫

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(テレビアニメ)の登場人物。人斬り抜刀斎とはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(テレビアニメ)
正式名称
四乃森 蒼紫

総合スレッド

四乃森 蒼紫(るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-)の総合スレッド
2016.01.25 12:32

概要

元は『江戸』幕府の隠密御庭番衆の頭。明治政府によって御庭番衆が用済みとされた中で1人だけ職を用意されたが辞退し、他の生き方を知らぬ部下達と共に用心棒稼業をしていた。かつて最強と謳われた人斬り抜刀斎を倒すことで、時代の荒波に存在を消された御庭番衆の強さと価値を証明しようと剣心をつけ狙うようになる。

登場人物・キャラクター

古流剣術・飛天御剣流の使い手。長州派の維新志士として暗殺役をつとめ、幕末最強とまでいわれた剣客。明治時代に入ると罪を悔やんで不殺を誓い、一介のるろうに、すなわち流浪人を名乗っている。 赤い髪と頬の十字...

関連キーワード

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』に登場する集団。江戸時代に江戸城を護るために組織された公的な隠密機関。最強を自認する猛者たちだったが明治維新を迎えて存在そのものが用済みとされてしまい、路頭に迷って...

登場作品

幕末、数々の暗殺で幕府方に恐れられた維新志士、人斬り抜刀斎。その伝説的剣客・緋村剣心は明治を迎えた平和な世に決して再び人を殺めないことを誓い、罪を償うべく流浪していた。 旅の途上、少女剣士・神谷薫の道...