四乃森 蒼紫

四乃森 蒼紫

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画)の登場人物。読みは「しのもり あおし」。

登場作品
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画)
正式名称
四乃森 蒼紫
ふりがな
しのもり あおし
関連商品
Amazon 楽天

概要

御庭番衆の頭目。整った顔立ちだが、寡黙で無表情な男性。幼いころから隠密としての訓練を積み、歴代最年少の頭目となった天才。小太刀を武器とし、相手との間合いを詰めて拳や蹴りを叩き込む戦闘スタイル。後には小太刀を両手に持つ御庭番式小太刀二刀流を独学で極めた。大政奉還後、用済みとなった隠密御庭番衆の中で一人明治政府から職を斡旋されるも、部下たちの事を思い辞退し、用心棒稼業を始める。

過去に最強と呼ばれた緋村剣心を倒すことで御庭番衆の強さを証明しようと、剣心を付け狙うようになる。新選組副長、土方歳三をモデルとしている。

関連人物・キャラクター

緋村 剣心

幼名は心太。短身痩躯で赤毛の優男で、左頬に十字傷がある。一人称は拙者、語尾は「ござる」。天涯孤独の身だったが、幼少のころ比古清十郎に拾われ剣心という名を与えられ、古流剣術飛天御剣流を教わる。幕末期には... 関連ページ:緋村 剣心

関連キーワード

隠密御庭番衆

『るろうに剣心』に登場する集団。江戸幕府が江戸城を護るために抱えていた隠密集団。高い実力を有し、最強を自認していたが明治維新後は雇い先を無くし、裏社会の用心棒などをして生計を立てていた。江戸時代に実在した、御庭番をモデルにしている。

登場作品

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-

幕末の動乱、「人斬り抜刀斎」と恐れられた維新志士緋村抜刀斎は、新時代・明治の幕開けとともに突如姿を消してしまう。抜刀斎の名を捨て緋村剣心として生きる事を決めた彼は、「不殺」の信念のもと、決して人を斬る... 関連ページ:るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-

SHARE
EC
Amazon
logo