四宮 小次郎

四宮 小次郎

食戟のソーマ(漫画)の登場人物。読みは「しのみや こじろう」。別称、四宮。

登場作品
食戟のソーマ(漫画)
正式名称
四宮 小次郎
ふりがな
しのみや こじろう
別称
四宮
別称
四宮シェフ
関連商品
Amazon 楽天

概要

遠月学園の卒業生であり、在学中は十傑の第一席だった。パリでフランス料理店を開き、野菜(レギュム)に新しい光を当てた事から「レギュムの魔術師」と呼ばれ、フランス料理の発展に貢献した料理人に与えられる勲章を日本人で初めて受章した。受賞後は伸び悩んでいたが、日本で田所恵幸平創真との非公式な食戟をしたことで、新たな目標を見出す。

関連キーワード

遠月茶寮料理學園

『食戟のソーマ』の主な舞台となる学校。優れた料理人を育成することを目的とした中高一貫校であり、殆どは中等部からの内部進学者が占め、幸平創真のような高等部からの編入はまれ。一流レストランや高級料亭の子息... 関連ページ:遠月茶寮料理學園

遠月十傑評議会

『食戟のソーマ』に登場する組織。遠月学園の学内評価が上位10名の生徒たちによる委員会で、いわゆる生徒会に近いが、組織図的には総帥の直下にあり講師陣ですら十傑の総意には従わざるを得ない。十傑個々人にも強い権限が与えられ、料理の研究のためであれば莫大な資産を独断で動かすことも可能とされる。

登場作品

食戟のソーマ

超名門料理学校、遠月茶寮料理學園で、料理修行に励み、そこで料理人として腕を磨く幸平創真の成長過程を描く。料理を食べた者の心理がオーバーに描写され、特に女性キャラクターの感動は肉感的に描かれる。 関連ページ:食戟のソーマ

SHARE
EC
Amazon
logo