四方田 明日香

ブロッケンブラッド(漫画)の登場人物。読みは「よもだ あすか」。四方田礼奈とは親族関係にある。

  • 四方田 明日香
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ブロッケンブラッド(漫画)
正式名称
四方田 明日香
ふりがな
よもだ あすか

総合スレッド

四方田 明日香(ブロッケンブラッド)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

四方田礼奈の娘で、14歳の中学二年生女子。守流津健一と共に魔女っ子ヒロインとして錬金術師たちと戦いを繰り広げている。戦闘時には「アンブレラ・イージス」という、傘を使った防御技を使い、健一とは違って魔法を使う様子を見せる。健一には好意を抱いており、健一が露出度の高いデザインの服装に変身すると、興奮のあまり鼻血を吹き出して失神することが多々ある。

後に修行によって、興奮をエネルギーに変え、防御や攻撃を行う技術を身につける。また健一が変装しているアイドル「ノイシュヴァンシュタイン桜子」の歌は、明日香によって録音されている。

登場人物・キャラクター

ドイツ系三世、15歳の高校一年生男子。錬金術師ヨハン・シュルツの直系の子孫で、「ブロッケンの血族」の力を持つ。従姉の四方田礼奈の手によって無理やり魔女っ子ヒロインに変身させられ、「ブロッケンの血族」の...
守流津健一の従姉で、健一を魔女っ子ヒロインにしたてあげた張本人。三十代で子持ち。「ブロッケンの血族」の力を悪用する錬金術師たちと戦いを続けているが、金にがめつい一面があり、捜査の一貫といいながら健一に...

登場作品

17世紀ドイツの錬金術師ヨーハン・シュルツは人工的に魔女を創り出すことに成功し、自らの血液にその力を注入した。ヨーハン・シュルツの子孫であるドイツ系三世の高校生男子守流津健一は「ブロッケンの血族」とし...