四條 伽那子

黄龍の耳(漫画)の主人公。読みは「しじょう かなこ」。

  • 四條 伽那子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
黄龍の耳(漫画)
正式名称
四條 伽那子
ふりがな
しじょう かなこ

総合スレッド

四條 伽那子(黄龍の耳)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

卓越した性技と美貌をもって歴史を陰から動かしてきた美那一族の一人。しかし、美しい容姿の持ち主ではあるものの、閨房術は修めていない。日本の次期首相と目される相馬甚三郎の息子、一郎への嫁入りを本家によって決定されてしまうが、これを拒否。一郎に無理やり連れて行かれそうになった所をキロウに助けられる。

その後、キロウに迷惑をかけまいと姿を消し、美那一族の元へ戻るが、再びキロウにより助けられ結ばれることとなる。多くの女性に愛を与えるキロウにとって最愛の女性であり、それ故に人質に取られることも多い。

登場人物・キャラクター

代々棗希郎衛門の名前と、富と女を欲しいままにする伝説の力・黄龍の耳を継承する棗家の45代目の青年。正義感が強く、責任感のある真っ直ぐな性格の持ち主。少年の頃から数年間、イタリアの修道院でトマスという名...

関連キーワード

『黄龍の耳』に登場する集団。類稀な美貌と、男を骨抜きにする閨房術をもって歴史を陰から動かしてきた一族。また、暗殺集団も抱えており、強大な戦闘力も持っている。富のみならず、女までも欲しいままにしてしまう...

登場作品

イタリアの修道院で修業を積む青年・トマス(キロウ)は、父親の死によって家に代々伝わる棗希郎衛門という名前、莫大な財産、そして富と女を思いのままにする力・黄龍の耳を受け継ぐことになる。キロウは、棗家に代...