因幡 遙

因幡 遙

キューティクル探偵因幡(漫画)の登場人物。読みは「いなば はるか」。別称、遙。

登場作品
キューティクル探偵因幡(漫画)
正式名称
因幡 遙
ふりがな
いなば はるか
別称
関連商品
Amazon 楽天

概要

2月10日生まれ、みずがめ座の17歳。身長166センチ、B型の狼男の少年。真っ白のセミロングに赤い瞳を持つアルビノ。そのため極度の虚弱体質で、運動や夏バテなどで何度も生死の境をさまよっている。テロ組織野羅の参謀的な存在で、肉体を持たないボス・因幡聡明の代わりに表に立って活動している。

秘密警察犬になるべく訓練を受けていたが、仕事ばかりで自分に構ってくれない兄・因幡洋を振り向かせるために3年前に行方をくらませ、野羅へと入る。大変なブラコンで、因幡が自分を気にかけてくれるためならなんでもする。現在はヴァレンティーノ・ファミリーと協力関係にあるが、狼嫌いのヴァレンティーノの目を誤魔化すため、自身のことを「ウサギ」だと偽っている。

声から情報を取る鑑識能力を持ち、音声のみでなく心の声まで見透かす。そのため自身が持つ情報量が異常に多く、他の秘密警察犬因幡遙の情報を読み取ろうとするとパンクしてしまうほど。この能力から発言と心の声が一致する「すっきりした声」を好んでおり、思うままにツッコミを入れる野崎圭のことを気に入ってる。

登場作品

キューティクル探偵因幡

舞台は狼男や人のようにしゃべる動物などが存在する現代日本。髪の毛から持ち主の情報を読み取る能力を持ち、組織内で伝説と言われた狼男の警察犬・因幡洋が、探偵となり2人の助手とともに難事件に挑むハイテンショ... 関連ページ:キューティクル探偵因幡

SHARE
EC
Amazon
logo