国木田 大哲

BLUE SEED(テレビアニメ)の登場人物。読みは「くにきだ だいてつ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
BLUE SEED(テレビアニメ)
正式名称
国木田 大哲
ふりがな
くにきだ だいてつ

総合スレッド

国木田 大哲(BLUE SEED)の総合スレッド
2016.01.25 12:30

概要

日本政府の対荒神対策機関である国土管理室を率いる室長。紅葉国土管理室のメンバーとして迎え、自分の家に下宿させて父親代わりになる。かつて紅葉の姉を養女にしていたが、守ってやれなかったのが心残りになっている。

登場人物・キャラクター

『BLUE SEED』に登場する生物。古事記の時代から存在する、超自然の怪物たちの総称。妖怪のたぐいに見えるが、国土管理室の見解では、植物の構造や性質をもった知的生物と考えられており、昔から俗にいう妖...
中学生。本人はごく普通の少女だが、怪物荒神を鎮める人柱の力を備えた一族の末裔。幼少期から祖母の言いつけで水垢離を続けていた。生け贄になった時に役割が果たされる立場上、人間からも荒神からもいかにあつかう...

関連キーワード

『BLUE SEED』に登場する組織。日本政府が擁する対荒神対策機関と、その実働チーム。リーダーは室長の国木田で、その下には元警察官や生物学者、自衛隊出身者から巫女まで多彩な人材が集っている。 紅葉を...

登場作品

島根県の出雲市に暮らす少女・藤宮紅葉は、怪物に襲われたところを超人的な力をふるう青年・草薙護に守られた。自分が荒神と呼ばれる怪物たちを封印する人柱になる力を秘めていると知らされた紅葉は、政府管轄の対策...