国木田 独歩

文豪ストレイドッグス(漫画)の登場人物。読みは「くにきだ どっぽ」。

  • 国木田 独歩
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
文豪ストレイドッグス(漫画)
正式名称
国木田 独歩
ふりがな
くにきだ どっぽ

総合スレッド

国木田 独歩(文豪ストレイドッグス)の総合スレッド
2016.08.23 17:39

概要

探偵集団武装探偵社の一員。いつも手帳を持ち歩いており、書き込んだ計画通りに物事が進まないと気が済まない性格をしている。手帳のページを消費し、書いたものを具現化できる独歩吟客という異能を持つ。ただし手帳より大きなものは具現化できない。8月30日生まれの22歳。

身長は189センチ、78キロ。血液型はA型。後ろ髪を1つにまとめた髪型をし、メガネをかけている。探偵社に入る前は数学教師をしていた。好きなものは手帳、魚釣り、鰹のたたき。嫌いなものは権威と、予定外のこと。武装探偵社の仲間である太宰治の好き勝手な行動に苦労させられることが多く、彼のことを「包帯無駄遣い装置」などと呼び、叱ることが多々ある。

同名の実在作家である国木田独歩がモデルになっている。

登場作品

孤児院を口減らしのために追われ、餓死寸前になりながら横浜をさまよっていた青年中島敦は、鶴見川で自殺を図っていた太宰治を助けることになる。太宰は所属する異能力者集団、武装探偵社の仕事で世間を騒がす人食い...