園倉 茗

ハツカネズミの時間(漫画)の登場人物。読みは「そのくら めい」。

  • 園倉 茗
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ハツカネズミの時間(漫画)
正式名称
園倉 茗
ふりがな
そのくら めい

総合スレッド

園倉 茗(ハツカネズミの時間)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

高野槙新山椋室樹棗らとともに子供のころから蒼崚学園で育つ。蒼崚学園で投与されている試薬の影響で、病弱でかつ極度の色白になってしまった。何の疑問もなく蒼崚学園で過ごしていたが、12年ぶりに連れ戻された氷夏桐子と触れ合ったによって学園の秘密を知らされ、たちとともに脱出しようと計画。

しかしが桐子に惹かれている様子に気付き、思い悩むように。桐子を救いに来たとともに脱出する機会を得るがギリギリのところで翻意し、自分を心配して残った椋と学園に留まった。その後、脱走しようとしていたことが学園側に発覚するが、校長の鳴沢檀と「を連れ戻す協力をする代わりに、も学園に連れ戻してほしい」という取引をする。

ただ、檀はに戻ってきてほしくないと考えていたため茗に毒薬を渡し、に飲ませるよう指示。しかし、茗はその毒を桐子に飲ませようとする。毒に気付いたによって、誰も飲むことはなかったが、そこまでさせた檀に会うため蒼崚学園に戻ることを決意すると、茗もそれに同道する。

登場人物・キャラクター

園倉茗、新山椋、室樹棗らとともに子供のころから蒼崚学園で育つ。蒼崚学園で投与されている試薬の影響で、色盲になってしまった。5歳のころ、氷夏桐子が蒼崚学園を脱出する際、桐子からともに来るよう誘われるがこ...

関連キーワード

『ハツカネズミの時間』に登場する学校。生徒たちにはエリート養成のための一貫校と説明されているが、その実態は鳴沢製薬によって身寄りのない子供たちが集められ、さまざまな試薬を投与するための実験施設である。...

登場作品

エリートを育成するため、幼いころから世俗から離れた環境で一貫教育を行う蒼崚学園。生徒たちは自分たちが通う学校に疑うことなく学生生活を過ごしていた。主人公の高野槙もそのひとり。しかし槙の日常は、氷夏桐子...