土井 みよ子

神の左手悪魔の右手(漫画)の登場人物。読みは「どい みよこ」。別称、花 みよ子。

  • 土井 みよ子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
神の左手悪魔の右手(漫画)
正式名称
土井 みよ子
ふりがな
どい みよこ
別称
花 みよ子

総合スレッド

土井 みよ子(神の左手悪魔の右手)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

『神の左手悪魔の右手』の「影亡者」に登場する少女。山の辺泉の同級生。タレント兵藤タケルのファン。母親が働いているため、家の仕事を全部やっている。子どもが好きなため、将来は保母を希望していた。「永遠の女王」と呼ばれた往年の大女優、大森世津子が路上で倒れている所に通りかかり、手を握られる。救急車を呼んで病院に付き添うが、そのまま死亡し、みよ子は大スターに憑いていた影亡者に取り憑かれる。

みよ子は赤い絵の具を唇に塗って自宅を出ると、原宿に行き、そこでスカウトされ、花みよ子という芸名でデビュー。影亡者の力で、手段を選ばずスターにのし上がっていく。これにより、もともとみよ子に憑いていた霊の三郎太は、山の辺想に憑いてしまう。

登場人物・キャラクター

女子高生。小学1年生の山の辺想の姉。東京の近くにある八天王市に住み、屋敷高等学校に通っている。マイケル・ジャクソンの大ファン。想と一緒に事件に巻き込まれることが多い。「錆びたハサミ」のエピソードでは、...

登場作品