土門 剛介

土門 剛介

ドカベン(漫画)の登場人物。読みは「どもん ごうすけ」。山田太郎とはライバル関係。

登場作品
ドカベン(漫画)
正式名称
土門 剛介
ふりがな
どもん ごうすけ
関連商品
Amazon 楽天

概要

神奈川県・横浜学院高校野球部・投手。右投・右打。山田太郎より一つ上の学年である。交通事故にあい再起不能とまで言われたが、2年の秋より選手として復帰。重く早い超剛球を投げるが、横浜学院高校野球部にはこの剛球を受けることのできる捕手がいなかった。本来、微笑三太郎が転入し捕手となる予定であったが、微笑は勘違いで明訓高校に入学してしまう。

だが谷津吾朗の入部により全力の投球ができるようになり、秋の大会では最強の敵として明訓高校を苦しめた。山田太郎と5打数以上対戦しながら、スタンド越えの本塁打を1本も許さなかった唯一の投手である。ただしランニング・ホームランを打たれたことはある。

山田太郎と同じ「ドカベン」というあだ名を持つ。3年生の秋からは横浜学院高校監督として明訓高校と対戦した。

関連人物・キャラクター

山田太郎

神奈川県・明訓高校野球部の明訓五人衆の1人。キャッチャー。右投・左打。高校3年生の春の甲子園大会までに明訓高校を4度甲子園大会出場に導き、3度の優勝を果たした立役者。並はずれた打撃力の持ち主で甲子園大... 関連ページ:山田太郎

登場作品

ドカベン

明訓高校に入学した山田太郎は、野球部の仲間と切磋琢磨し、数々のライバル達を破って甲子園大会出場を勝ち取る。そして、全国のライバル達との激戦を繰り広げ、ついに甲子園大会で優勝。山田太郎と明訓高校野球部の... 関連ページ:ドカベン

SHARE
EC
Amazon
logo