地下闘技場

グラップラー刃牙(漫画)に登場する施設。読みは「ちかとうぎじょう」。

  • 地下闘技場
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
グラップラー刃牙(漫画)
正式名称
地下闘技場
ふりがな
ちかとうぎじょう

総合スレッド

地下闘技場(グラップラー刃牙)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

東京ドームの地下深くにあり、秘密を守れる一部の人間しか入れない。時には、格闘技界の現役選手が、通常ではあり得ない組み合わせで戦うドリームマッチの様相を呈することも。そのルールは「武器の使用以外全てを認める」というもので、非武装でさえあれば格闘技のルール上禁止されている技術を使っても構わない。

徳川光成に実力を認められたものだけが、ファイター(正闘士)として試合に出場する資格を得る。範馬刃牙は、父・範馬勇次郎と戦う実力を身につけるべく、徳川光成の屋敷に乱入して直訴してファイターとなり、一番下のランクから王者へと駆け上がった。中盤以降、徳川光成が世界中から選手を集め、トーナメント形式での大会が開催。

そのリングは地面が八角形に囲われただけの簡素な場所だが、砂の中にはこれまで戦ったファイターのツメや歯が無数に埋まっている。

登場作品

世界観舞台は現代日本。格闘をテーマとした作品ではあるが、鍛錬を行わない暴力団員の花山薫や暴走族の柴千春、原始人のピクルなど格闘技を使わないキャラクターも多数登場。格闘漫画の枠に囚われない戦いが繰り広げ...