坂井 悠二

灼眼のシャナⅢ-Final-(テレビアニメ)の主人公。読みは「さかい ゆうじ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
灼眼のシャナⅢ-Final-(テレビアニメ)
正式名称
坂井 悠二
ふりがな
さかい ゆうじ

総合スレッド

坂井 悠二(灼眼のシャナⅢ-Final-)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

概要

御崎高校の1年生である少年。実態は「既に亡い自分」の代替物「トーチ」であり、その中でも、紅世の秘宝中の秘宝、宝具「零時迷子」をその内に秘めた特殊な「ミステス」。普段は少し頼りないが、戦闘中には時折、周囲を驚かすほどの頭の切れを見せる。

クリスマスイブの夜にこの世から消えるが、紅世の王として再びシャナたちの前に姿を見せる。

登場人物・キャラクター

『灼眼のシャナ』において、人間が持つ存在の力を徒が喰らう際にあえて少量残し、それを加工することによって作られる代替物。これにより人や世界との繋がりを当面保つことにより、存在の力が消滅する際に生じるこの...
『灼眼のシャナ』に登場する王。「紅世の徒」の中で大規模な存在の力を統御できる者を指す。「王」と縮めて呼ぶこともある。存在の大きさ故に、この世で顕現し続けるための「存在の力」も多く必要とする。
『灼眼のシャナ』において、紅世の秘宝である「宝具」を身内に宿したトーチの名称。別名「旅する宝の蔵」。宿主であるトーチが消滅すると、宝具は次のトーチへとランダムに転移する。
小柄で外見年齢は11~12歳ほどの少女。「炎髪灼眼の討ち手」の称号を持つフレイムヘイズで、紅世の王・アラストールと契約している。炎の色は「紅蓮」。本名は不明で、「シャナ」は自身が名乗っていた「贄殿遮那...

関連キーワード

『灼眼のシャナ』に登場する異世界。この世の「歩いてゆけない隣」に存在し、独自の物理法則によって成り立っているため五感が意味を成さない。はるか昔に人間の詩人が徒から紅世の情景を聞き、名づけたこの名称が広...

登場作品

「紅世の徒」と戦うフレイムヘイズのシャナと、紅世の秘宝・宝具「零時迷子」を秘めた特殊なトーチ「ミステス」である坂井悠二の二人。「仮装舞踏会」との戦いは終わったが、悠二が突然姿を消してしまう。 そして姿...