坂東 勝太郎

雄飛(漫画)の登場人物。読みは「ばんどう しょうたろう」。大垣 雄飛とはライバル関係。

  • 坂東 勝太郎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
雄飛(漫画)
正式名称
坂東 勝太郎
ふりがな
ばんどう しょうたろう

総合スレッド

坂東 勝太郎(雄飛)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

18歳の新人プロボクサー。大阪でプロデビューするが、リング上でふざけすぎると言う理由で出場停止処分になり、近所に住んでいた弟分の幹男と、末の弟坂東末太郎を連れて上京した。峻堂ジムを訪れ、一宮辰男をおちょくった挙げ句に殴り倒したことが峻堂巌の目に留まり、峻堂ジムへの移籍を果たす。

大垣雄飛とは同じフェザー級であり、東日本新人王トーナメントで争うことになる。雄飛の境遇を見て「親に甘えてボクシングをしている」と考え、敵意を向ける。リング上では相手をバカにしたような試合を行うが、確かな実力を持つ。

登場人物・キャラクター

昭和15年に満州で生まれる。6歳で満州から引き揚げる際に母・柴田とよと姉・柴田百合を日本人の男に殺され、男への復讐を誓う。親類の家に預けられるが、そこで下男同然に扱われたため脱走、浮浪児となる。その後...

登場作品

大垣雄飛は、満州で生まれ育ったが、引き揚げの際、日本人の男に母と姉を殺され、その恨みをいつか晴らそうと心に誓っていた。成長した雄飛は紆余曲折を経てプロボクサーへの道を歩み始めるが、とあるボクシングジム...