坂根 傘次郎

坂根 傘次郎

首斬り朝(漫画)の登場人物。読みは「さかね かさじろう」。別称、畳捕りの傘次郎。

登場作品
首斬り朝(漫画)
正式名称
坂根 傘次郎
ふりがな
さかね かさじろう
別称
畳捕りの傘次郎
関連商品
Amazon 楽天

概要

北町奉行所の定廻り同心。亡き父親より、庶民の暮らしを守る傘になるようにと願い傘次郎と名付けられた。浪人の人質になった夜鷹が殺された事件にショックを受け、尊敬する山田朝右衛門にアドバイスを貰って、鉤縄術を会得した。斬首になる父親を救おうとした河童の新子に十手を盗まれるが、これが縁になり夫婦になる。

後に、夫婦で捕物に当たるようになった。

関連人物・キャラクター

山田朝右衛門吉継

刀の切れ味を試す試刀と、罪人の斬首を担う、山田家の三代目。父親を斬り、山田流試刀術の印可を受けて、跡目を相続した。また、三代目になってから始めての首打ちで、自分の初めての女の命を絶った。それらの行いか... 関連ページ:山田朝右衛門吉継

関連キーワード

畳捕り

『首斬り朝』に登場する必殺技。浪人の人質になった夜鷹を救えなかったことを悔やむ坂根傘次郎が、山田朝右衛門のアドバイスを受けて完成させた鉤縄術。鉤縄を、畳や机など、身近なものに引っかけ、自らの身体を飛ば... 関連ページ:畳捕り

登場作品

首斬り朝

徳川幕府より公儀御様役に任ぜられ、試刀と死罪人の斬首を生業とする山田家。その三代目を継いだ山田朝右衛門は、庶民から首斬り朝と呼ばれ、怖れられていた。しかし、自らを律して、厳しい生き方を貫く朝右衛門の心... 関連ページ:首斬り朝

SHARE
EC
Amazon
logo