城山 大作

柔道一直線(漫画)の登場人物。読みは「しろやま だいさく」。一条直也とはライバル関係。

  • 城山 大作
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
柔道一直線(漫画)
正式名称
城山 大作
ふりがな
しろやま だいさく
レーベル
光文社文庫Comic series(光文社) / ネコ・パブリッシング

総合スレッド

城山 大作(柔道一直線)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

主人公・一条直也のライバル。全国高校選手権大会の出場選手中、大物と目された3人のうちの一人。鹿児島県代表・桜島高校主将。西郷隆盛と風貌体格ともにそっくりで、心技ともに充実した大人物。必殺技は大噴火投げ。全国高校選手権大会では直也と死闘を演じ、ついには引き分ける。

試合後講道館で昇段試験を受け、見事二段に認定されたのち、講道館の研修生となる。

登場人物・キャラクター

北九州市小倉出身。初登場時は青葉中学校の2年生。柔道部所属。鬼車の異名を持つ元講道館柔道六段の車周作に出会い、その技と精神に惚れこみ押しかけ弟子になる。火の玉ボーイとあだ名されるほど一本気で単純な性格...

関連キーワード

『柔道一直線』に登場する必殺技。鹿児島県出身の城山大作が使う。相手を空中高く放り投げ、落ちてくる相手を頭突きで受ける技で、投げから頭突きの一連の流れを複数回繰り返す。桜島が噴火を繰り返すように見えるこ...

登場作品

昭和39年の10月。九州にある柔道塾で練習に明け暮れる主人公一条直也。そこに師範の講談館時代の先輩・車周作が訪ねてきて、東京オリンピックでの日本柔道の敗北を予言する。結果ははたして日本柔道の完敗であっ...