堀口 元気

堀口 元気

がんばれ元気(漫画)の主人公。読みは「ほりぐち げんき」。シャーク堀口とは親族関係にある。

登場作品
がんばれ元気(漫画)
正式名称
堀口 元気
ふりがな
ほりぐち げんき
関連商品
Amazon 楽天

概要

フェザー級のプロボクサー。人一倍優しい心の持ち主だが、心の奥底には激しい闘争心と勝利への執念を持つ。幼少時からボクシングのトレーニングを欠かさない努力家で、天賦の才もある。連載開始時は5歳。ドサ回りのボクサー、父のシャーク堀口とともに日本全国を旅していた。父に憧れ、独学でボクシングの練習をし、オリジナルの必殺技アッパーストレートを編み出す。

父の死後は、母方の祖父母、田沼樹三郎田沼愛子に引き取られるが、父と二人で世界チャンピオンになる夢を捨てられず、堀口姓は変えなかった。小学生の時に元全日本学生チャンピオンの三島栄司と知り合い、中学3年生から指導を受ける。

三島栄司の死後、高校へは進学せず上京して永野ボクシングジムに入り、フェザー級のプロボクサーとしてデビューする。以降様々なライバル、強敵を死闘を繰り広げ、ついには最終目標である関拳児との世界戦へとたどりつく。プロ通算成績は14戦全勝(13KO、1不戦勝)。

関連人物・キャラクター

シャーク堀口

堀口元気の父。31歳。六回戦のライト級ボクサーだったが、勝ちに恵まれず、妻・堀口美奈子の死をきっかけに引退。元気を引き取ろうとする美奈子の父母・田沼樹三郎、田沼愛子の反対を押し切り、元気を自分一人の力... 関連ページ:シャーク堀口

関連キーワード

亀将寿司

『がんばれ元気』で、主人公・堀口元気が上京後はじめて働いた寿司屋。亀将寿司の隠居に気に入られて就職した元気だが、素性のわからない元気に、店の主人や店員たちの態度は冷たかった。元気の小学校の担任教師・芦川先生が保証人になってからは、状況は少しよくなったが、経営難を理由に結局は解雇される。

永野ボクシングジム

『がんばれ元気』に登場するボクシングジム。主人公・堀口元気が所属するジムであり、かつては元気の父・シャーク堀口も所属選手であった。初登場時の会長は永野英吉。のちに元気が上京した頃には息子の永野たけしが会長を務め、ジムも近代的な大きなビルになっていた。

アッパーストレート

『がんばれ元気』で主人公・堀口元気が5歳の時に編み出した必殺技。相手のパンチをしゃがんでかわし、全身のバネを使い下から右ストレートを突き上げる技。アゴのところで手首を回転させるスクリューパンチでもあり... 関連ページ:アッパーストレート

登場作品

がんばれ元気

プロボクサーである父ともつれ合うように生きていた5歳の少年・堀口元気が、父の死後、世界チャンピオンを目指してボクシングに打ち込む姿を描く。ボクシング漫画の名作『あしたのジョー』のファンでもあった作者が... 関連ページ:がんばれ元気

SHARE
EC
Amazon
logo