堀 紫郎

堀 紫郎

「坊っちゃん」の時代(漫画)の登場人物。読みは「ほり しろう」。

登場作品
「坊っちゃん」の時代(漫画)
正式名称
堀 紫郎
ふりがな
ほり しろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

銀座尾張町のビアホールで、夏目漱石と知り合う。30歳の侠客で、義侠心に富み、会津藩出身で、薩長が嫌い。東北訛りで喋る。東京専門学校(後の早稲田大学)で、坪内逍遥にシェークスピアを習った、と話したこともある。小泉八雲の思い出を語り、八雲が東京帝大英文学の教師を追われた顛末を漱石に教える。

この作品中では、彼が『坊っちゃん』の「山嵐」のモデルとされる。

関連人物・キャラクター

夏目 漱石

英国留学で神経を患い、親戚を含めた家族を養うために東京帝大・一高、明治大学で英文学の講師をしている。明治38年(1905年)11月で満38歳10ヶ月。ビヤホールで太田仲三郎、堀紫郎、森田草平、荒畑寒村... 関連ページ:夏目 漱石

登場作品

「坊っちゃん」の時代

夏目漱石が、明治38年(1905年)11月から翌年にかけて、若い友人や文学仲間などに刺激を受け、薩長閥や西欧文明に翻弄される日本の行く末を案じながら、『坊っちゃん』という中編小説を書き上げるまでの経緯... 関連ページ:「坊っちゃん」の時代

SHARE
EC
Amazon
logo