堤 半次郎

下苅り半次郎(漫画)の主人公。読みは「つつみ はんじろう」。別称、下刈り半次郎。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
下苅り半次郎(漫画)
正式名称
堤 半次郎
ふりがな
つつみ はんじろう
別称
下刈り半次郎
別称
半次郎

総合スレッド

堤 半次郎(下苅り半次郎)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

公儀御広敷伊賀者。胎内回帰による転生で、再び人間に生まれるためには、御仏の子宮を持つ女性が必要だと聞かされた、徳川四代将軍の徳川家綱の命を受け、御仏の子宮を捜す旅に出る。女郎の陰毛の手入れをする下刈り屋になり、御仏の子宮を捜した。後に、館林宰相と呼ばれる館林藩主から徳川五代将軍になった徳川綱吉に仕え、水戸藩主の徳川光圀と争い、片腕を失った。

その光圀の策謀により、再び御仏の子宮を捜す旅に出される。星霜を経て、江戸の吉原遊郭の下刈り屋になるが、吉原総元締の大門四郎兵衛に見込まれ、三代目大門四郎兵衛となった。

登場人物・キャラクター

館林宰相と呼ばれた館林藩主時代に、御仏の子宮を巡る騒動を知り、配下の根来忍び女を御仏の子宮を持つ女性に仕立てて、江戸城に送り込もうとする。その陰謀の最中に徳川四代将軍の徳川家綱が死去し、五代将軍の座に...
徳川四代将軍の徳川家綱に、当代一と言われた名僧。家綱に御仏の子宮の事を教え、併せて、喇嘛教の高僧の八思巴を紹介した。御仏の子宮を持つ女性を捜し出す事と、御仏の子宮の事を知る者の抹殺を命じられた、公儀御...

関連キーワード

胎内回帰の転生で、再び人間に生まれることを可能にする女陰の名称。陰核の上にほくろがあり、二つの陰核があるように見える女陰を指す。また、御仏の子宮を持つ女性は、天庭にほくろが有る。名僧の慈恵によって徳川...

登場作品

江戸中期。胎内回帰による転生を知った徳川四代将軍の徳川家綱の命により、再び人間に生まれ変わることを可能とする御仏の子宮を持つ女性を捜し出すように命じられた公儀御広敷伊賀者の堤半次郎は、当てのない旅に出...