堤 茂斗子

堤 茂斗子

アトム ザ・ビギニング(漫画)の作品登場人物。読みは「つつみ もとこ」。

登場作品
アトム ザ・ビギニング(漫画)
正式名称
堤 茂斗子
ふりがな
つつみ もとこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

国立練馬大学ロボット工学部工学科2年の女性。茶髪のショートカットで、黒い肩の出たシャツに柄の付いたミニスカートを着用している。堤茂理也の妹で、茂理也を快く思わない天馬午太郎からは「スパイ女」「ネズミ女」と揶揄されているが、それでも第7研究室に顔を出しては、午太郎と口喧嘩をやり合う気が強い性格。また、茂理也がお茶の水博志のことを陰で「クズ」と呼んでいるのとは対照的に、堤茂斗子は博志にとてつもない才能を感じており、かねてから興味を抱いていた。

そんな彼のことをからかうことが大好きな困った性癖を持っているが、博志に差し入れをする優しい一面もある。

登場作品

アトム ザ・ビギニング

手塚治の代表作である『鉄腕アトム』の前日譚。ロボット産業が飛躍的に栄えたメカシティーを舞台に、新型人工知能の搭載されたロボットの開発にすべてを懸ける2人の大学生、お茶の水博志と天馬午太郎の活躍を描く。... 関連ページ:アトム ザ・ビギニング

SHARE
EC
Amazon
logo