墨村 修史

結界師(漫画)の登場人物。読みは「すみむら しゅうじ」。墨村守美子とは親族関係にある。

  • 墨村 修史
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
結界師(漫画)
正式名称
墨村 修史
ふりがな
すみむら しゅうじ

総合スレッド

墨村 修史(結界師)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

墨村良守たち三兄弟の父親で墨村守美子の夫(婿養子)。優しい性格で、家を出てしまった守美子に代わり、墨村家の家事全般をこなす。小説家だが、それほど稼いでいない。霊感がないので、妖怪も幽霊も見ることができないが、お札やお守りを作るのは得意。結婚前は松戸平介の助手をしていた。

登場人物・キャラクター

墨村良守たち三兄弟の母親で墨村修史の妻。優秀な結界師だが、家業を継がず、全国を放浪している。瀕死の雪村時雄を家まで運んだのは彼女だったが、時雄が謎の言葉を残して亡くなったため、雪村時音からは不信感を抱...
某有名大学名誉教授で異界愛好家。70歳。「加賀美」という美しい女性の助手を連れている。妖怪・魔術・呪術の研究が趣味。墨村繁守とは古くからの友人で、妖怪関連の物品の分析を請け負っている。烏森の力にも興味...

登場作品

烏森の地は多くの妖怪や霊を引き寄せてしまうため、妖怪退治を家業とする結界師によって400年間維持・管理されていた。この土地に建つ私立烏森学園に通う中学2年の結界師の少年墨村良守は、毎晩学校での妖怪退治...