夕立 厘子

ななか6/17(漫画)の登場人物。読みは「ゆうだち りんこ」。別称、おりんちゃん。

  • 夕立 厘子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ななか6/17(漫画)
正式名称
夕立 厘子
ふりがな
ゆうだち りんこ
別称
おりんちゃん

総合スレッド

夕立 厘子(ななか6/17)の総合スレッド
2016.08.04 14:46

概要

ななか稔二たちと同じ高校に通う2年生で「スケ番の伝統と文化を守る」ため、スケ番風のいでたちをしている。顔にはサングラスをかけ、髪の毛は真上に逆立たせ、バンダナでそれを固定している。まじかるドミ子の影響でアフロヘアなスケ番のいでたちになったななかを同志と認めた。そのななかからは「おりんちゃん」と呼ばれている。

彼女がスケ番になったのは、幼稚園のときにガラの悪いおっさんから助けてくれた美人のスケ番との出会いがきっかけ。そのスケ番とは高校生になってから再会した。実はその素顔はスケ番からほど遠い、可憐な美少女。嵐山甚八のことを「理想の番長」だと信じ込んでいたこともあったが、その甚八を木刀で一喝する五月を「理想のスケ番」と思い込んで「姐さん」と追いかけてしまう。

登場作品

きまじめな女子高校生・霧里七華は幼なじみの凪原稔二に言われた言葉をきっかけに階段から転落し、そのショックで体は高校生だけど精神は無邪気な6歳児に戻ってしまった。七華は彼女の秘密を知った稔二やクラスメイ...