外印

外印

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画)の登場人物。読みは「げいん」。別称、夷腕坊。

登場作品
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画)
正式名称
外印
ふりがな
げいん
別称
夷腕坊
関連商品
Amazon 楽天

概要

六人の同志の一員。夷腕坊という名の機巧(カラクリ)で十本刀にも所属していたが、その際は自らの機巧(カラクリ)の中に入っていた。中世より続く、人形師の末裔であり、己の機巧(カラクリ)の性能を試すため、更なる物を作る為に戦いに身を投じている。黒子姿にドクロの模様が入った黒頭巾を被り、素顔を晒すことはない。

関連人物・キャラクター

緋村 剣心

幼名は心太。短身痩躯で赤毛の優男で、左頬に十字傷がある。一人称は拙者、語尾は「ござる」。天涯孤独の身だったが、幼少のころ比古清十郎に拾われ剣心という名を与えられ、古流剣術飛天御剣流を教わる。幕末期には... 関連ページ:緋村 剣心

関連キーワード

六人の同志

『るろうに剣心』に登場する集団。雪代縁が発起人となり、結成された集団。緋村剣心の抹殺を目的としており、神谷道場に襲撃をかけた。それぞれが高い戦闘能力を持っているのに加えて、武器商人の縁が強力な道具を提供しているため、少人数ながらも強大な力を有している。

登場作品

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-

幕末の動乱、「人斬り抜刀斎」と恐れられた維新志士緋村抜刀斎は、新時代・明治の幕開けとともに突如姿を消してしまう。抜刀斎の名を捨て緋村剣心として生きる事を決めた彼は、「不殺」の信念のもと、決して人を斬る... 関連ページ:るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-

SHARE
EC
Amazon
logo