外山 裕子

実験人形ダミー・オスカー(漫画)の登場人物。読みは「そとやま ゆうこ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
実験人形ダミー・オスカー(漫画)
正式名称
外山 裕子
ふりがな
そとやま ゆうこ

総合スレッド

外山 裕子(実験人形ダミー・オスカー)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

警視庁外事2課所属。財団法人夢記念館の依頼を受け、ケイトの遺骨をもって帰国した渡胸俊介を空港に迎えにいく。日本人の肌感覚を取り戻したいという渡胸俊介の思いに共感し、惹かれていく。裕子との出会いは、渡胸俊介ダミー・オスカーの性格が一つになり、別人格へと変化を遂げるきっかけとなった。

登場人物・キャラクター

黒髪の天然パーマで冴えない青年。精密な人形を作る腕は一流で、「人形を人間として扱ってほしい」「ダミーと言えども命がある」が口癖。自動車会社に勤務し、自動車事故実験用のダミー人形を制作している。誠実で正...

関連キーワード

館主の吉田ときが作った人形が屋敷の各部屋に飾られている。人形のモデルは、かつてこの屋敷に実際に住んでいた館主の家族、使用人たちで、今は性人形として、館主の夫への復讐のために使われている。

登場作品

日本人青年の渡胸俊介は、本物と見まがう人形を作る一級の人形師。普段は小心者で冴えない男性で、女性への関心もほとんどない。実力を見込まれ、ドイツの自動車会社フォルクスワーゲン社に勤務することになるが、隠...