夙のカムイ

カムイ外伝 第一部(漫画)の主人公。読みは「しゅくのかむい」。外面とはライバル関係。

  • 夙のカムイ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
カムイ外伝 第一部(漫画)
正式名称
夙のカムイ
ふりがな
しゅくのかむい

総合スレッド

夙のカムイ(カムイ外伝 第一部)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

夙谷の部落に生まれた若者で、天才的な忍者の素質を持つ。しかし忍者の非情の掟を受け入れられず抜け忍となり、追っ手の追撃をかわして自由を求め旅を続ける。夙流忍法と称して独自の技を編み出し、変移抜刀霞斬り、飯綱落としなどの必殺技を用いて、奇抜な技を使う忍者たちとの死闘を繰り広げていく。

登場人物・キャラクター

丹波の天人の手下の一人で、吹き矢や気砲、回転によって手裏剣を飛ばすコマの使い手。名張の半助らと共に抜け忍となってキコリに化けるが、仲間を暗殺して自分一人だけ抜けようとしたあげく、カムイたちの仕掛けた罠...
犬ながら抜け忍としてほかの忍犬たちに追われ、傷ついたところをカムイに救われて、絆で結ばれる仲となった。あかの名はカムイが命名。火を起こすこともでき、乱心法土遁の術などを駆使して、カムイが流砂に呑まれて...
麻酔薬を風に乗せて流す春花の術の使い手。山奥に住み、里の動物を襲う野生の男人狼に化けたカムイは旅の子供太吉が崖から落ちたところを助け、共に暮らすようになる。春花の術の忍者はカムイの策にはまり洞窟に閉じ...

登場作品

江戸時代の寛文年間、非人とされる部落民から忍者となったカムイは非情な宿命に反逆して抜け忍となり、同郷の忍者たちから追われる身に。様々な忍法を駆使して追っ手を倒すカムイだったが、新たな刺客が次々と現れ、...