夜叉猿

グラップラー刃牙(漫画)の登場人物。読みは「やしゃざる」。範馬刃牙とはライバル関係。

  • 夜叉猿
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
グラップラー刃牙(漫画)
正式名称
夜叉猿
ふりがな
やしゃざる

総合スレッド

夜叉猿(グラップラー刃牙)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

『グラップラー刃牙』に登場するオスの霊長類。代々飛騨の山奥に住む霊長類一族の末裔であり、強さを求める範馬刃牙に挑戦された。全身を覆う筋肉と毛皮により、対人間用の格闘技を受け付けない。野生動物ならではのタフさと凄まじい攻撃力を持っており、武器を持った人間すら圧倒。こうした強さのため、一族は武芸者たちに挑まれることも多かったものの、これを返り討ちにしてきたとされる。

ただ、範馬勇次郎夜叉猿一族のメスを殺害することに成功した。死者を悼み、祖先を祭る高い知能と精神性を有しており、戦いを通して刃牙と気持ちを通じ合わせる。

登場人物・キャラクター

我流の格闘術を使う男子高校生。実戦空手団体・神心会が開いたフルコンタクト(直接身体に打撃を当てる)系空手の日本一を決める選手権大会において、外部の人間であるにも関わらず優勝したことから、格闘家たちの注...

登場作品

世界観舞台は現代日本。格闘をテーマとした作品ではあるが、鍛錬を行わない暴力団員の花山薫や暴走族の柴千春、原始人のピクルなど格闘技を使わないキャラクターも多数登場。格闘漫画の枠に囚われない戦いが繰り広げ...