夜行 妃古一

夜行 妃古一

嘘喰い(漫画)の登場人物。読みは「やこう ひこいち」。

登場作品
嘘喰い(漫画)
正式名称
夜行 妃古一
ふりがな
やこう ひこいち
関連商品
Amazon 楽天

概要

巻いた眉尻と口髭が特徴的な老紳士。倶楽部「賭郎」の弐號立会人。立ち会いにおいては、基本的には中立の立場だがゲームを楽しむために多少口をはさむ癖がある。立会人としてでなく取立人としても敏腕であり、単身で暴力団が護衛する取立て相手の元に乗り込み、命の取立を遂行した。廃坑での「ハングマン対決」からは梶隆臣の専属立合人となる。

「屋形越え」を目指すの説得を受け、立会人の頂点である零號立会人になるため、切間撻器に「號奪戦」を挑む。執事喫茶・「百鬼夜行」を経営しているが、淹れる珈琲の味は不味い。

関連キーワード

倶楽部「賭郎」

『嘘喰い』に登場する組織。組織の頂点であるお屋形様、101名の立会人とその私兵、その他多数の掃除人や黒服、さらに48名の会員から構成される。会員の希望に応じて立会人を派遣し、ギャンブルを仕切らせ、勝敗... 関連ページ:倶楽部「賭郎」

登場作品

嘘喰い

「嘘食い」の異名を持つギャンブラー斑目貘を中心に、賭博組織倶楽部「賭郎」を介したギャンブルを描く。迫稔雄のデビュー作。 関連ページ:嘘喰い

SHARE
EC
Amazon
logo