夢界島

LAMPO-THE HYPERSONIC BOY-(漫画)に登場する架空の島。読みは「むかいじま」。

  • 夢界島
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
LAMPO-THE HYPERSONIC BOY-(漫画)
正式名称
夢界島
ふりがな
むかいじま

総合スレッド

夢界島(LAMPO-THE HYPERSONIC BOY-)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

統京湾の南端にある火山島。統京タワーが見える距離の近さにある。古くは「客人の島」として特定人種が隔離される地区として知られていた。「涯人」と呼ばれる血族が多く住むため、外国人の出入国管理が甘いこともあって、ランポローズはここから神国へと潜入しようとする。市長によると、島民には選挙権や訴権などがないようである。

島内にある発電機「わだつみ」をフガクの復活に使うため徴発しており、島内の電力供給が停止された。また、「わだつみ」の電力供給ルートからフガクに遺伝情報に干渉して自己破壊を誘発させた。

関連キーワード

『LAMPO』に登場する架空の国家。総面積37万平方キロの海洋国家で自称“神立国家”。その起源は南方からの移民に始まり、他国を圧倒する科学力と軍事力を持ち100年足らずのうちに1億の国民を擁する大国に...

登場作品

辺境の島に祖父と住むランポが助けた少女、ヨシノはフガクと交信できるジェファン神国の巫女だった。神国軍のロボット衛士にヨシノをさらわれ、戦いで祖父も亡くなってしまう。ヨシノを追って統京へと向かうランポと...